2009年03月05日

その病、お医者さんが治す?

病は気から!
気持ちを明るく、前向きに!
病院嫌いの方必見の情報満載です。

コンプレックス、悩みは一刻も早く解決して、
明るい毎日を送りましょう。

慢性疾患は病院に行かず治しましょう。


 

[慢性疾患]
高血圧・ 慢性的頭痛・偏頭痛 ・腰痛・うつ病・貧血・喘息

冷え性・糖尿病・アトピー性皮膚炎・メタボ・更年期障害・等々
病気・疾患には大きく3つのカテゴリーに分けれます。

カテゴリー1 医者がかかわらなくても治癒する疾患


カテゴリー2 医者がかかわってはじめて治癒する疾患

カテゴリー3 医者がいても治癒できない疾患

このカテゴリーで市中の病院、医院に通う患者の疾患の割合をみると、

実に70%以上が「カテゴリー1」というデータがあります。

また、医者(病院)の側から見た場合、「上得意」と呼ばれる患者さんは、
このカテゴリー1です。定期的に通ってもらい、診療報酬が入ってきます。
その上、命に別状なく、治療ミスとして訴訟に至るケースは皆無です。
その、「カテゴリー1」に入る疾患の代表が
先に挙げた「慢性疾患」というわけです。
もちろん、進行状況や症状によっては

カテゴリー2、時に3となるケースもあります。

しかし、大半は医者がかかわらなくても治癒する疾患です。

また、逆に医者が
かかわった事により、さらに悪化したり

薬の副作用で別の疾患を発症する場合もあります。


患者本人も「持病」とあきらめ、進行しなければいいという考えになってしまう。

 
一般的に「生活習慣病」と呼ばれるものは、

文字通り「生活習慣」が原因で招いた
病気。

つまり、薬や一時的な治療では完治は難しく

「生活習慣」を改善しなければ、
一生つきあう「持病」となります。

 

言い換えれば「生活習慣」を正せば治るということです。


 

posted by ハイハットシンバル at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27390128
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック